takko1.png

行って来ました・・・青森県三戸郡田子町、人口6300人の小さな町。

ですが…

にんにくでは日本一です。

6月の末から7月にかけての収穫時期には町中がにんにくの香りに包まれます。

←ここがガーリックセンターです

 

takko2.png

takko5.png

takko4.png

 

 

 

 

 

 

にんにくを熟成させた真っ黒なにんにくでちょっと酸味があり、

プルーンの食感がして果物感覚です。

 にんにく特有の香りは一切ありません。

  takko3.png

もう一つのおすすめは「にんにくカレー」・・・・

小麦粉を使用せず長時間炒めた玉葱の旨みと

甘み、パイナップルとマンゴチャツネを豊富に

加え、その中ににんにくの粒を丸ごと煮込んだ

カレーで、缶詰めを開けるとにんにくの香り満杯!


 さらに、大粒のにんにく粒が2~3粒ゴロっと入っ

ており、口に入れた瞬間フワっと溶けます!

 うま~い!!

 

 

 

.旭山.jpg

 

去年、満開に咲いた桜を頂きました。

大事に一年間育てたつもりでしたが・・・

桜の季節がきても咲かず、葉っぱが出てきましたので

ダメだと思っていたら・・・

今日、一輪咲きました。

でも変ですよね・・ 桜は花が終わって、葉っぱが

出るはずなのに・・・

今年は鉢からはずして、庭に植えようと思ってます。

平成24年11月に頂いた陸奥国一ノ宮塩釜神社と志波彦神社のご朱印です。

gosyuinsiogaka1.png

 平成25年5月に頂いたご朱印です。11月のご朱印の字のほうが好きですが・・・

そんなことを言ってはバチがあたりますね・・ <(_ _)>

gosyuinsiogama2.png

 

 

塩釜に行く途中、ナビ画面に熊野神社が表示されたので

よって見ました。

とても、かわいらしい熊野神社でした。

jinjya130520.png

                            

大きな画像になります大きな画像になります

takinoyu.png
宮城県大崎市鳴子温泉にある歴史のある共同浴場です。
夕方には地元の人はもちろん、ホテルや旅館に宿泊して
いるお客様もやってきます。 

ゆっくり、のんびり湯につかりたい方は夕方の3時半か

ら4時半あたりがねらい目ですよ。

 
 
 

 

 

jihanki.png

 料金は大人150円、子供100円です。

この自動販売機で購入します。

もちろん、お安い分備え付けのシャンプーやリンス、石鹸は

ありません

 

 

 

 

 

bandai.png

 

ここの番台に入浴券出してください

 

 

 

 

 

 

 

furo.png

 お風呂は乳白色の硫黄泉で、硫黄の香りが格別です。

奥のお風呂は打たせの湯になっており、お湯の温度も

40度ぐらいのぬる目の温度でゆっくり入浴できます。

手前のお風呂は42度から43度で熱めの温度ですが

その日により、乳白色の濃さや湯温が変わります。

 

 

 

 

 

onnsenjinjya.png                                                                       

滝の湯のわきから温泉神社への階段があります。

滝の湯には基本的に駐車場がありませんので

温泉神社の駐車場が利用出来ます。

でも・・・ タイミングがよければ・・・

滝の湯の前に路上駐車も可能ですよ。

山形県飽海郡八幡町で、偶然、立派なおやしろを見つけましたので

よって来ました。

当日はお祭りがあったようで、宮司さんも、少し赤ら顔でしたが・・・

ご朱印をお願いしましたところ・・

快く受けていただき、その上、八幡神社の由来を話してくれました。itijyohatiman.jpg

itijyohatimangosyuin.jpg

 

りっぱなご朱印でした。

総社とは出羽の国の八幡神社が

すべて集まっている神社という意味らしい・・・